食洗機の魅力

食洗機というと、やっぱり贅沢だとか、やっぱり手洗いの方が綺麗に洗えるなど、まだまだ主婦の中には手洗い派が多くいます。 しかし、食洗機の魅力を知ってしまうと食洗機派になってしまう主婦も多いはずです。 まず1年感のコストを比べてみましょう。 食洗機は無駄な洗剤、無駄な水、それに電気代なんて思われがちですが、コストは手荒いは23470円、食洗機14020円ということで9450円なのです。

もちろん使い方にも違いはありますが、(財)省エネルギーセンターの家庭の省エネ辞典にも書かれています。 よく広告に手洗いの5分の1の省エネという言葉をみますが、これはちょっと大げさですが、実際に年間1万円弱の違いがあるのです。 いままで手洗いより高くつくから使わなかったという人にとっては、手洗いと同じコストであっても魅力はあるはずです。 しかしこれほど差があると本当に考えてしまいます。

その上、誰が考えても圧倒的に楽です。主婦の食事の後の食器洗いというとやっぱり主婦には結構重くのし掛かってきます。 平均で25分、年間153時間ということで年間1週間分は食事の後の洗い物に費やしています。 そしてもう一つ洗浄力もとても重要なことです。

特にカレーなどは脂汚れとカレーの色素でなかなか綺麗になりません。 また固まってしまった卵の黄身などこんな汚れも綺麗に洗ってくれるのです。 そうすればもちろん手荒れもなくなり主婦にとってはすごく有り難いことではないでしょうか。 一度食洗機を使ってしまうと、どの面から見てもやめられなくなってしまいます。 そんな魅力がこの食洗機にはあるのです。

■関連サイト
食洗機を購入する際に便利な専門の通販サイトです →→→ 食洗機 通販